スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

エンジンマウント交換。

昨日の休みは、ピッコロ号(C-10)の修理をしました。

もちろん車屋さんにはお願いせず、自分でやります!!

うちには車用のエンジンクレーンが無いので、

まんじゅう屋の後輩、喜①の所でお借りすることに。

雪の吹き付ける中、駐車場の端で作業開始!

C-10 0004
まず、ジャッキUPしてタイヤを外し

C-10 0001
エンジンクレーンでエンジンを吊って持ち上げます。


今回の交換部品はこちら↓

エンジンマウント NEW
V8ーSB用のエンジンマウント(下は氷、-5℃でサラサラ状態)

エンジンマウウント ジャンク
そして外したマウントがこれ… ボロ過ぎて唖然…
まったくもって、ラバーマウウントの意味がありません。

C-10 0002
後輩、喜①も強制的にお手伝い!!
氷のベットに段ボールの布団でホームレス状態。

C-10 0003
いつもこんな感じで作業してます。
エンジンマウント交換で調子もGOOD!!
極寒の中、作業を手伝ってくれた喜①にも感謝です。
ありがとね~!! 今度はランチェロの修理手伝うよ!
スポンサーサイト
2011年02月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | BMF

セバスチャン号???

出勤中にインパクトのあるバスを発見!!

バス セバスチャン

伝えたい事をバス全面に!! やるな…セバスチャン!

どのぐらいCOOLに走るかは、乗ってのお楽しみか?

俺的には、これぐらい↓のCOOLさを希望!(保育園お迎え用)




 HOT ROD School bus , so COOL !!!!
2011年01月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | BMF

名付けて、フクロウヘッド!!

L.C.GARAGEにNEWエンジンが仲間入り!!

さて、何のエンジンでしょうか?????

XR エンジン 0001

ナックルは拳、パンはフライパン、ショベルはシャベル(スコップ)

このエンジンは何て呼ぶんだろう??

みなさんは何に見えますか?

私にはフクロウにしか見えないので、フクロウヘッド君に決定。

XR エンジン 0002

正式名称は HARLEY-DAVIDSON XR 1000

もともとレース用のXR750を市販車にしたモデル。

1983年から3年間(ほぼ2年)しか生産されなかった希少車。

アイアン(ベビーショベル)とEVOスポーツの真ん中みたいな感じ!

トラッカーが大好き自分にとっては、たまらん1台。

まだ乗った事がないので、フィーリングはわかりませんが

アルミヘッドがいい仕事をしてくれるはず!(鉄ヘッドは苦手だ…)

兄貴分のショベルヘッドと並んで記念撮影。

XR エンジン 0003

ハーレーのエンジンは外観もスゲー魅力的!!

ちなみにこのXRは双子の弟、周-Gのこれから製作するマシン。

XS650カスタム、XL1200Rに次ぐ3台目のXR1000。

しっかり打ち合わせをして、クールなマシンに仕上げよう!!
2011年01月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | BMF

ピッコロさん大量流血!!

最近のあだ名は”ピッコロさん”です。

ちょっと前までは”グリーンジャイアント”でした。

理由は仕事が忙しい時期の顔色がミドリ色なんだそうで…。

鉄粉、磨き剤、寝不足のトリプルパンチで顔色悪化は致し方ありません。

普通の時でも、一般の人よりは少々黒めかもしれませんが…(遺伝です)

まぁ、こんな事平気で言うのはKZ君&後輩K一郎しかいません。

「グリーンジャイアント先輩」 長いな…

「グリーン先輩」 言いづらい…

「ピッコロさん」 ハイこれで決定!!

こんな事言う後輩はなかなかいません。K一郎恐るべし。

そして、KZ君の毒舌ブログ!!はこちらから→ BMF BLOG

最近、ピッコロさんの愛車から大量のミドリ色の液体が流出!流血??

006_convert_20110119190251.jpg

ウォーターポンプが終了でございます… 凹…お疲れ様です

まだ1度も交換していなかったのでしょうがないですね。

ラジエター液を足しながら走ること2週間…ようやく部品到着!

007_convert_20110119190332.jpg

ウォーターポンプはこんなやつです↑

C-10ウオポン


早速、バレリーナのような見事なつま先立ちで交換作業開始!

アメ車のエンジンルームは広すぎて、デブ&チビには拷問です…ツライ…

まだまだ修理個所多数なので世話がやけます。でもそこがGOOD!(ドMか)

あと何年かで30歳。 ガンバレ、ピッコロ号!!







2011年01月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | BMF

VINTAGE PARTS フォーク編

L.C.GARAGE フォークコレクション!!
スプリンガー
左からハーレー1920年代のSV350ccシングル(ピーシューター)用  7Kg
左中 ハーレー1930年代のSV1200cc (VL)用 12.5Kg
右中 ハーレー1940年代のOHV用(写真はレプリカ) 11.5Kg
右  ハスクバーナ 35mm テレスコフォーク (ハーレー用に加工) 7.5Kg

あまり皆様には興味がないと思いますが、重量を測ってみました…参考までに。
この他にもJDスプリンガーやインディアンガーターなんかもカッコイイですよね。

カスタムバイクの製作には人それぞれのこだわりがあります。
細かいパーツ1つ1つで仕上がりの雰囲気がガラリと変わって個性がでます。
ビンテージパーツは今現代にない露骨な感じが超CooL!!
ふだんからそんなパーツを集めているのでお店の中はガラクタ(一般人だと)の山。
私にとっては宝の山に囲まれてお客様をお出迎えしております。
いつもお店に立ち寄るA型の後輩のK一郎はバイク屋ではなく古物屋と呼びます…
まぁ無理もないのですが、そんな古物をこれからいろいろ紹介していきます。
ちなみに奥の古物はわが愛車1930年MODEL V 1200ですがバラバラです…
2010年04月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | BMF
 | HOME | OLD »»

プロフィール

カテゴリ

最新記事

シンプルアーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。